「UNO」の兄弟「DOS」が日本上陸!育脳に最適な理由とは!?

ニュース体験.jp / エンタメ, ゲーム , , , , , , , , , , , , , / 公開日:2018/09/02

夏休みも残りわずか、もうすぐ新学期を迎えるご家庭も多いことと思います。今日はそんな時期に、自宅で家族そろって気軽に楽しめるカードゲームの紹介をしたいと思います。

カードゲームの定番といえば、やっぱりUNO!

合宿やお泊りの時、必ずと言っていいほどだれかが持っていたカードゲームといえば、[UNO]なのではないでしょうか?どんな時でも遊べてルールも単純なことから、1971年の誕生以来、UNOは世代を超えて愛される超ロングセラー商品となっています。

出典:godisageek.com

ご存知の通りUNOは1人7枚カードを持ち、手持ちのカードが先に無くなったらその人が勝ち!ただし、残りの1枚になった時にかならず「UNO(ウノ)!」と叫ばなければならないというルールになっています。

出典:unogame.jp

ゲームのしやすさだけでなく、色合いのカラフルさや、数字以外のスペシャルカードがもつルールの特別感なども、人々がUNOに魅了される一因になっているような気がします。

また2016年のUNO45周年の節目の年には、UNOに新カードが追加され、さらに遊びの幅がアップ!その際YoutuberのHIKAKINさんが、UNOを紹介した動画を配信したことも話題になりました。ぜひチェックしてみてくださいね!

『UNO(ウノ)』
メーカー希望小売価格: 1,000円(税抜)
対象年齢: 7歳以上
サイズ(cm): W9.4×D1.9×H14.6

 

知られざるUNOの関連商品とは!?

そんなUNOには、あまり知られていない関連商品があることをご存知ですか?ここでは、代表的なものを2つご紹介したいと思います。

ウノアタック

ウノアタックは従来のUNOに加えて、カードシューターマシンを使って遊ぶゲーム。
手持ちのカードに出せるカードがない場合、アタックボタンを押して飛び出したカードを受け取ります

出典:unogame.jp

ただしカードが何枚飛び出してくるかは、ボタンを押すまでわかりません!運が悪いとカードがたくさん飛び出して持ちきれないほどになることも。勝敗が逆転するハラハラ感満載のゲームとなっているんです。

出典:unogame.jp

またウノアタック限定のスペシャルカードも内蔵されており、よりゲームが楽しいものに!いつものUNOにさらにスリルを加えたい方におすすめの商品になってます。

『ウノアタック』
メーカー希望小売価格: 3,400円(税抜)
対象年齢: 7歳以上
サイズ(cm): W26.8×D15×H26.8

 

H2O ウノ カードゲーム

H2O ウノ カードゲームは、プール・海・温泉・雪・水周りでも大活躍のプラスチックで防水タイプのUNO水滴マークの「ドボンカード」は、他のプレイヤー全員にカードを引かせることができるウノ H2Oだけのスペシャルカードになっています。

出典:hands.net

防水ケースつきで、旅先に持っていけば人気者間違いなし!見た目もオシャレでかわいいですよね。

『H2O ウノ カードゲーム』
メーカー希望小売価格: 1,400円(税抜)
対象年齢: 7歳以上
サイズ(cm): W9.5×D2.5×H20.83



UNOの兄弟、DOSが日本上陸!

そんなUNOには、実は兄弟のようなカードゲームが存在します。そしてそのゲームが、2018年8月に日本にも上陸したんです!
そのカードゲームとは、「DOS」(ドス)!

出典:gigazine.net

DOSとは、スペイン語で「2」を意味します名前の通り「2」をテーマにしたカードゲームになっていて、基本ルールはUNOと同じものの、「場」のカードが1つではなく2つになっていたり、カードの数字の合計が場のカードと一致する場合に2枚一緒に捨てることができるなど、「2」に関連したルールが多数盛り込まれているんです。

出典:fashion-press.net

『DOS(ドス)』
メーカー希望小売価格: 1,000円(税抜)
発売日: 2018年8月上旬発売
対象年齢: 7歳以上
サイズ(cm): W9.4×D1.9×H11.4



DOSは育脳にぴったり!その効果とは!?

これは面白そう!ということで、さっそく我が家でも家族4人でDOSをプレーしてみました!
ここでは、プレーしてみて感じたことをいくつか書いてみたいと思います

UNOに似ているようで、実は全く別物!

まず言えることは、DOSはUNOに似ているようで全く違ったゲームになっているということ。特に大きく異なる部分は3点あります。

①「場」のカードは1枚ではなく、2枚である。

UNOが「場」のカード1枚でプレーされるところ、DOSは「場」のカードが2枚となります。そのためより複雑で選択肢の多いゲームとなっているんです。

②手番で出せるカードは、「場」のカードと同じ数字のみである。(同じ色はNG)さらに色も同じだった場合は、ボーナスを獲得できる。

出典:bodoge-intl.com

UNOでは、数字が同じ場合も色が同じ場合もカードを出せますが、DOSの場合は、同じ色のカードでも数字が異なる場合は出せないようになっています。また数字も色も同じカードを出した場合には、ボーナスを獲得できるようになっています。

③DOSにしか存在しないカードがある。

出典:hobby.dengeki.com

DOSにしか存在しないカードが2種類あります。1つはどんな数字としても使える、♯マークの「ワイルドカード」。2つ目はDOSを意味する「2」のつくあらゆる色になる「ワイルドDOSカード」。どう使うかは戦略次第!どちらもゲームの勝敗の決め手となる重要なカードになっています。

 

DOS(ドス)!の声がけを忘れがち

手持ちのカードが残り2枚になった時に、「DOS!」と叫ばないといけないのですが、この2枚というのが結構くせもの!
1枚のときと違って、大人でもうっかり忘れがちなんです!

言い忘れた場合はペナルティとして、新たに2枚カードをひかなければなりません。常に頭を働かせていないといけないので、油断は禁物!

 

計算する力が必要!

DOSには、2枚の手札の合計が「場」の数字と一致する場合は2枚セットでカードを出せる、というルールがあります。たとえば「場」の数字が6だった場合、もし「5」と「1」のカードがあれば、その2枚を出してもOKということ。

そのため、まだ計算に慣れていない5歳くらいの子どもには難易度が高いかもしれません。逆に考えれば、計算がわかる大人や兄弟と一緒にプレーすることで、計算能力を身につけることができるということ!育脳にとてもよいカードゲームといえます。




いかがでしたか?今回はUNOとUNOの兄弟であるDOSのカードゲームの紹介でした。実際にプレーして感じたのは、DOSはパーティ感覚で楽しむUNOと比べて、より慎重に考えながら戦略的に進めていくゲームだということ。大人が楽しめるのはもちろん、子どもの知育にもとても良いと思います。細かなルールなどについては、ぜひご自身でプレーしながら確かめてみてくださいね!

UNO・DOS カードゲームの購入はこちらから!

 

 

記・ライターAya
DOS カードゲーム 紹介記事