改めて、ビタミンCは美白美肌に必須!しかし

ニュース体験.jp / ビタミンC, 美容 , , , , / 公開日:2015/07/02

身近なビタミンCはやっぱり凄い

今や美容には欠かすことのできないビタミンC。特に美白効果を狙った化粧品には、必ずと言ってよいほどビタミンCが配合されています。実際、ビタミンCは、私たちにとって一番身近なビタミンであり、美しい肌や健康な身体を維持するための重要な役割を担っています。特に有名なのは美白&美肌作用です。ビタミンCの持つ抗酸化力により、紫外線を浴びた肌でたくさん生成され、シミの原因となるメラニンを作らせないようにする働きがあると言われています。また、ビタミンCはコラーゲンを合成する時に必要な酵素の働きを助ける補酵素として働きますから、美白だけでなくお肌のハリにも効果的!肌の細胞に多く含まれ、ハリや弾力を保っているコラーゲンを多く作り出すことで、シワのない若々しい肌へと整えてくれる素晴らしいビタミンが、ビタミンCなんです。

ただし、果物のパックは禁物です!

06b1edf8d8752a1cca8404b526f85080_s

では、それこそ、レモン汁をお肌に塗るのが良いのでしょうか?これは危険ですので、ぜひ止めて頂きたいです。柑橘類の中にはレモンやグレープフルーツやベルガモットなどは肌に直接塗ってはいけないものと、ユズやマンダリンのように直接肌に塗っても問題のないものとがあります。レモンを例にとると、まずpH2の強酸で刺激が強く、皮膚炎を起こす可能性があります。何よりも問題なのは光毒性。レモンに含まれる「ソラレン」という物質は、紫外線を浴びたときに光の吸収を増幅させてしまう性質があり、結果的にシミを増やしてしまうのです!以前、フルーツパックのようなものが流行って、切り身を顔にたくさん貼っている、みたいなこと、やったことある方もたくさんいらっしゃると思いますが、もちろん良くありません。レモンが肌に付着したまま紫外線を浴びれば、シミを消すどころか、シミを増やし、そして濃くしてしまうことになります。今ではもうやっている人はいないかと思いきや、まだまだ誤解されたままの方もいらっしゃるのでぜひ注意して頂きたいです。

ビタミンCをお肌に入れるなら、やはり最新技術を用いたイオン導入がベスト。

68ebc878fd67e38dd530d8b2f548c1b3_m

お肌には外部からのものを簡単に吸収しないように(悪い成分も一緒に吸収しないように)バリア機能があります。ゆえに、有効成分を塗ったところで、本来は皮膚の中には入ってくれません。もちろん表面には残りますが、肌の表面、角質層は、死んだ細胞が重なった層ですので、ここに塗っただけではビタミンCの働き自体は期待できません。そこで美容クリニックでは陰イオン化されたビタミンC(アスコルビン酸)を、電気の流れを利用して、しっかり経皮浸透させる方法がイオン導入です。

当然、私もビタミンCイオン導入愛用者なのですが(笑)、あれは「間違いなく白くなる」です。最初は怖いですが、慣れたら本当に頼りになるものです。

ビタミンCが肌に浸透すれば、シミは消える、コラーゲンは増える、ニキビも治る、皮脂分泌過剰も治る、毛穴がキレイになるなど、嬉しいことづくし。最近ではそのイオン導入を行う家電(HITACHIのハダクリエが代表的)や、パウダーでのビタミンCイオン導入を特許技術で実現した化粧品(ビタブリッドCフェイス)等が登場しています。

momoko正在東京