来年の肌は秋で決まる!? 今すべきスキンケアとは?

ニュース体験.jp / ビタミンC, ビタミンC, 美容 , , , , , , , , , , , / 公開日:2018/09/25

急に、秋!って感じで暑い日が減り、平成最後の夏が終わったと少し寂しい気がしています…。秋の肌は、私たちが思ってるより悩ましい状態になってるって知っていましたか?

平成最後の夏、紫外線最強だった!?

出典:herpes-buster.com

記録的猛暑と呼ばれていた、今年の夏。もちろん紫外線量もかなりのものでした。

シミ・シワ・たるみ・毛穴の開きなどの肌の老化の原因は、紫外線が8割を占めているといわれています。

この夏は、あまりの暑さになかなか外出をひかえる人も多かったはず。

出典:esthetime.co.jp

だから大丈夫!なワケないです!!涼しい室内でも、窓のある部屋では屋外の80%ほどの紫外線が室内に差し込んでいるんです!大きい窓の部屋では、素肌で外にいるのとあまり変わりません!

しかも、日焼止めは2~3時間ごとに塗り直さないと意味ないって知ってますしたか? 朝メイクした際に塗っても、昼には塗りなおさないと効果が激減しちゃうんだそうです。

ちゃんとケアできてると思ってたけど、全然だめ…。私、しっかり紫外線ダメージお肌に蓄積しちゃってます・・・涙

 

秋の肌はこんなにも疲れている!?「秋で5歳老ける」ってホント??

出典:buyclomidcheap.com

せっかく暑い夏が終わっても、肌コンディションは最悪。。。

強い紫外線、クーラー、ストレスなど、肌へのダメージが秋はかなり蓄積されてしまっています。

出典:kimuson.com

さらに気温の変化が肌を痛めつけます。

季節の変わり目は、生活リズムや環境、気温の変化、紫外線、乾燥など、さまざまな事が原因で肌が敏感になったり荒れやすい時期なのです。

そのため、おそろしいことに巷では「秋は5歳老ける」といわれていたりします。

 

秋の肌荒れ<TOP3>にビタミンCが効く!

出典:katte2q.com

秋の肌悩みは様々ですが、トップ3をご紹介します。

  • 第3位 くすみ
  • 第2位 小じわ(乾燥)
  • 第1位 シミ

これら1つ1つに、それぞれのケアをするとなると、スキンケアはあれもこれも大変!!

でもビタミンCは「肌の老化」「紫外線ダメージ」にトータルでケアすることが出来るので、絶対に欠かせません。

ビタミンCは、メラニンを還元する働きをもち、シミを薄くしてくれます。また、新たなシミを防ぐ効果も期待できます。

できてしまったシミに対する美白と、シミを作らせない予防的な効果も持ち合わせているのがビタミンCです。

つまり、一年間を通してビタミンCを摂りつづけるのがよいでしょう。

ビタミンCが乾燥肌にも良いということは、あまり知れていないかもしれません。

プルプルのお肌を作るコラーゲンは、サプリや粉末で採っても、直接肌のコラーゲンが増えてプルプルになるなんてことはありません! コラーゲンは実は肌内部で作られるのです。

コラーゲンは肌の奥で弾力を支えるバネのようなもの。でもこの働きが老化とともに低下し、皮膚を支えられずシワ・たるみとなってしまうのです。

ビタミンCはコラーゲン作る力を促進させる働きがあります。美白のイメージが強いビタミンCですが「コラーゲンを増やす」働きも秋の肌にはぜひ取り入れたいものです。

 

ぐったりお疲れ肌に効く!ビタミンCのスキンケア

出典:serai.jp

人間以外の多くの動物は、体内でビタミンCをつくることができます。でも人間はそれが出来ません。ということは、必要なビタミンCを常に外から摂取し続けなくてはならないという事です。

出典:makey.asia

ビタミンCは身体のあちこちで必要な成分で、摂取すると身体じゅうで使われます。お肌のためには「ビタミンCコスメ」でのスキンケアダイレクトにビタミンCを肌に届けることができるので良いでしょう。

 

秋のおでかけ「前」にもオススメなビタミンC。

出典:nishiseikeigeka.co.jp

秋は外で過ごす時間が増える季節。気持ちいい天候ですが、紫外線の量は真夏からさほど減っていません!

日傘を差さなくなった、日焼け止めを塗らなくなった、塗りなおさなくなった、など日常の油断が禁物!お出かけ前、朝のスキンケアでビタミンCをつかうと、紫外線ダメージを抑制することができます。

できてしまったシミを消すには時間がかかります。だから「予防」のためにビタミンCを摂るのが賢い方法です。

 

サプリメントで体内から補充するのもアリ

出典:fran.asia

肌に直接ビタミンCを塗るのがダイレクトなスキンケア。一方で、食事やサプリメントで違う角度からアプローチするのも一つの方法です。食事やサプリで摂るビタミンCは「身体(肌も含む)のアンチエイジング」病気の予防などに役立ちます。

日焼けをする2週間ほど前からビタミンCをとると、シミの予防に効果があるという研究報告ものだそうです。

海外にくらべ、日本人のビタミンC摂取量は少なく、健康や美容において推奨されている値には足りてない人が多いそうです。まずは食事を見直したり、サプリメントでビタミンCをおぎないたいですね。

 

秋のスキンケアで未来の肌が変わる

出典:worldfolksong.com

秋は運動会やピクニックなど、外に出ることも多い時期。油断せずに、スキンケアに取り組みたいですね。

美容ライター
Sumiko