世界初の最新子ども用虫歯菌対策法!乳酸菌であるブリス菌が配合された歯磨き粉がとっても効果的でした☆

ニュース体験.jp / 健康, 口内ケア , , , , , , / 公開日:2017/07/01

子育て奮闘中の☆riko☆です。現在私には3歳の娘がいるのですが、虫歯がある上にまだ3歳であるのにお口も臭うので、これは娘の口内環境が乱れているサインだと思い『口内フローラ』について調べました!そして娘の虫歯や口臭予防にも効果がありそうな、今様々なメディアでも話題沸騰中の世界初虫歯菌除去成分が入った乳酸菌歯磨き粉『ブリアン』を使った結果・・・

出典:日本テレビ スッキリ

娘の口内フローラを正常に戻しつつあるのでレポートします!子どもの歯磨き、虫歯について気にされているママ&パパ必見です☆

口内フローラとは?!

みなさんこれ何の画像であるか分かりますか?!

出典:ガッテン

お花畑?!これはなんと・・・私達の口の中の細菌なのです☆今、超ホットな腸内フローラ実は口内にもあったのです!

出典:blog.his-j.com

『フローラ』=『お花畑』の事で細菌がところせましと集まって生きている事がお花畑のようである。という事から腸内フローラや口内フローラと呼ばれるようになったそうです。口内細菌はなんと!

出典:あさイチ

700種類以上約1000億個にものぼるそうです。口内に棲む細菌の数や種類は個々の年齢、食生活、習慣によって一人一人違うようですが、大人も子供も口内フローラはバランスがとっても大事なようですよ!

 

口内フローラのバランスが崩れると虫歯や歯周病に?!

口内には色々な細菌がいる中で、悪玉菌であるミュータンス菌(虫歯になる菌)やジンジバリス菌(歯周病をもたらす菌)の勢力が強いと虫歯や歯周病になりやすい体質になるそうです。

出典:NHKくらし☆解説

しかし、逆に言えばその他の善玉菌や虫歯、歯周病にはつながらない菌の勢力が強ければ虫歯や歯周病になりにくいのだとか。

出典:NHKくらし☆解説

この口内の細菌の勢力バランスの関係は2-4歳で決まるようですよ!だからこそ、お子様が小さい内から口内フローラを良い状態に整えてあげる事が大事だと思います。善玉菌を優勢にして、虫歯菌とサヨナラしましょう!

 

口内フローラ、理想のバランスは善玉菌10:悪玉菌0?!

口内フローラは言わば外敵から体を守る防衛隊のような役割をしてくれるとっても重要な存在のようです。例えば、細菌の中でも特に注意が必要なのが虫歯の原因となる悪玉菌のミュータンス菌

出典:あさイチ

しかし、一方でお口の中を悪玉菌から守り抗菌作用をもたらす善玉菌のミティス菌という存在もいるようです!

出典:あさイチ

そうです!腸内同様に口内細菌にも善玉菌、悪玉菌、日和見菌と種類がありました。腸内フローラの理想は善玉菌2:悪玉菌1:日和見菌7に対し、口内フローラの理想は善玉菌10:悪玉菌0のようでここが腸内と口内の大きな違いだと言えます。つまり腸内には1割の悪玉菌がいないとバランスが崩れるのに対し、口内には悪玉菌はいなくても良いのです!むしろいない方が良いのです。健康な成人の口内は大体、善玉菌9:悪玉菌1になっているようですが、理想は・・・

出典:belta-cafe.jp

悪玉菌ゼロの産まれたての赤ちゃんの口内なんだとか!

産まれたばかりの赤ちゃんは無菌?人間は元々無菌だった?

赤ちゃんは産まれた時は口内細菌はゼロだそうです!

出典:林修の今でしょ!

みなさんは、赤ちゃんが1番初めに感染をする菌は何かご存知でしたか?!実は虫歯菌ではなく…母乳の中にいる細菌でした

出典:mow-shop.com

しかも母乳の中の細菌・・・その数はなんと700種類以上。細菌と聞くと私をはじめ、悪玉菌のような悪さをする怖い菌を思い浮かべる人も多いと思いますが、安心して下さい!

出典:blog-imgs-53.fc2.com

細菌自体は赤ちゃんに移ってしまいますが、乳酸菌のような栄養面や免疫面に良いとされる善玉菌ばかりが母乳に含まれているようで、口内フローラはとっても理想的になるようです!

 

口内フローラは赤ちゃんでさえも、歯が生えてくる時期から乱れる?

赤ちゃんも歯が生えてくると母乳+離乳食を食べて栄養を補給するので、更にたくさんの細菌が入る事によって口内フローラは乱れ虫歯菌等も入ってくるようです。赤ちゃんでさえも歯が生える時期になると口内細菌は大人同様1000億個になるようですょ!

出典:ガッテン

だからこそ!歯が生え始める時期から赤ちゃんの口内ケアをしてあげる事がとっても重要なのです!

子供の口内フローラを正常に保つ秘訣とは?日頃から気を付けられる事とは?

①歯磨きをよくしてあげましょう

1日3回は歯磨きをしてあげましょう!寝る前は特に念入りに!寝ている間は唾液の分泌が減って、なんと!細菌が1000倍にも増殖するそうですよ。

②子供に食べ物を噛み砕いてあげたり、同じ食器を使って食べ物をあげないようにしましょう

親の口内にいる虫歯菌や歯周病菌が唾液を介して子供に感染してしまうようです。親が口内フローラを理想の形に保つ事は子育てをする上でとっても大事なのです!

③唾液をたくさん出させてあげましょう

悪玉菌は殺菌作用がある唾液に弱い一方で善玉菌は唾液で増えるようです。

出典:NHKくらし☆解説

④今何かと話題のブリス菌(乳酸菌)で悪玉菌を撃退する

乳酸菌は腸内だけでなく口内にも効く万能薬のような物。乳酸菌を口内に入れる事により口内を酸性から中性に変え虫歯菌や歯周病菌が棲みにくい環境にしてくれるそうです。

悪玉菌は乳酸菌で撃退せよ!

善玉菌である乳酸菌は生きた微生物を口内に届け、乳酸菌が発生させる酵素で悪い菌だけを撃退し、良い菌は残してくれる働きがあるようです。


つまり乳酸菌は口内の善玉菌を優勢にして、口内フローラを正常に保つ働きをしてくれますこれはNHKでも取り上げられた『口腔プロバイオティクスとも呼ばれています。しかし乳酸菌と言っても色々な種類があり効果をもたらす場所も違うようで、口内フローラに非常に良いとされているのが今とっても話題のブリス菌です!
出典:xn--zckl9gya5e8bx600h.com

what is ブリス菌&ブリアン?!

乳酸菌の一種であるブリス菌はM18K12があるようで効能も違います。M18は虫歯菌対策に絶大な効果があるとされ、K12では撃退出来ない菌もM18では撃退を出来るようです。M18は虫歯にならない子供達の口内を研究をした結果、ニュージーランドで見つかった虫歯菌を除去してくれる乳酸菌です。ちなみに、 M18を持った子供は世界でたったの2%しか存在しないようです。

出典:日本テレビ スッキリ

M18は虫歯菌や歯石除去、口臭予防、そして一度口の中に虫歯菌が入ってしまっても虫歯菌を減らし虫歯を予防してくれるようです!そんなBLIS M18が世界で初めて!配合されたスーパー歯磨き粉ブリアンです。

出典:wisteria-p.jp

ちなみに、K12はM18よりも前に見つかった乳酸菌で主に口臭改善や歯周病に効果をもたらすと言われており、去年2016年10月に発売された大人用ブリアンにM18と共に配合されています。

出典:hamigaki.org

ブリアンが他の歯磨き粉と違うポイント

①悪い菌だけを撃退し、良い菌は残し、更に増やしてくれる働きがある

先程プロバイオティクスについて少し触れましたがブリアンはまさにそれです!例えば普段使っている歯磨き粉や虫歯菌に効果をもたらすと言われているフッ素。これらは悪い菌のみならず良い菌まで一掃してしまう為、口内に良い菌を留めておく事が出来ず、プロバイオティクスの理にかなっていないのです。

②0歳児(歯が生え始めた時)から大人まで幅広く愛用出来る

普通の歯磨き粉は子供用、大人用に分かれていたり、フッ素には使用出来る年齢制限がありますが、ブリアンにはありません。ちなみに日本ではあまり知られていない事実のようですが
出典:upload.wikimedia.org

WHO(世界保健機構)では、「8 歳未満の子どもにはフッ素塗布は、薦められない」「フッ素うがいについては、6 歳未満はしてはいけない(強い禁止)」と記述があるようです。また、実はWHOだけではなく日本でもフッ素に対する議論は近年増えているようで

出典:blog-imgs-88.fc2.com

日弁連(日本弁護士連合会)からも厚生労働大臣、文部科学大臣、環境大臣へ意見書が提出されているようです。詳しくは、こちらに日弁連の意見書のすべてが掲示されております。※89ページにもわたる膨大な資料になるので、もし興味があるようでしたら読んでみて下さい。子供に虫歯は作らせたくないですが、まずは安心安全が第一ですよね?!

 

ブリアンはなぜ安心して使えるの?安全なの?

ブリス菌(BLIS M18)は元々子供達の口内にいる細菌(乳酸菌)なので、副作用の心配はまずありません。他にも下記の物質が配合されていないので、幅広く愛用出来るのです。


普段歯磨きが大嫌いな娘ですが、ブリアンの味は子供達が大好きないちご味+今まで使った事がなかったという事から、まず歯磨きをしている感覚ではなさそうです。


ペーストが当たり前だったので歯ブラシに甘さ控え目の粉末状のお菓子を付けているように思っており、今ではブリアン歯磨きをする時間を楽しみにしています。


ブリス菌を生きたまま口内に届け、歯石が溜まる歯と歯の間は歯磨きでアプローチをしましょう♪

子供の口内フローラを守るのは親の務め!

現在ブリアンを使用をしてから1カ月・・・先日歯科医院で娘の口内を褒められました!娘に出来てしまった虫歯は悪化をする事もなく、以前よりも歯垢がついておらず綺麗になったと☆


その為か、気になっていた娘の口臭も今は全く気にならなくなりました!ブリアンを使う事によって口内フローラを正常に戻す事が出来たのだと思います☆虫歯や歯周病は口内フローラのバランスで決まります。赤ちゃんは歯が生えそろうまでが虫歯になるかならないかの勝負です!


この時期からブリアンで赤ちゃんの口内フローラを守ってあげましょう!既に歯が生えそろい虫歯菌が口に入ってしまったお子様でも諦めないで!ブリアンは一度口の中に虫歯菌が入ってしまっても虫歯菌を減らし虫歯を予防してくれます!


これからもブリアンで口内の善玉菌を増やし、口内フローラをより理想形に持っていき、家族の全身の健康を守ってあげたいと思います。

記:☆riko☆
(子育て奮闘中)子供歯磨き記事