もうすぐクリスマス!親子で楽しめるクリスマス絵本の世界を体験しよう☆

ニュース体験.jp / エンタメ, 教育, 生活 , , , , , , , / 公開日:2017/12/08

こんにちは。小さい頃から本が大好きなAyaです。皆さんはお子さまの絵本選びはどのようにされていますか?子供には絵本が好きになってほしい。大きくなるまでにたくさんの本に触れてほしい。そしてゆくゆくは綺麗な日本語を使える大人になってほしいと思いませんか?

出典 : photo-ac.com

でも絵本ってまずどのように選べばいいかわかりませんよね。こんなテーマの絵本が欲しいけれど、一体どう探せばいいのか分からない。書店に行って選びたいけれど、なかなか時間がとれなくて困っている、などお困りの方も多いのではないでしょうか?そんなお子さまの絵本選びの助けになれればと、毎回テーマ別に絵本をご紹介させていただきます。

出典 : 01.gatag.net

季節は12月、もうすぐクリスマスですね。子どもにとってクリスマスはきっととてもワクワクするもの。今回はそんな気分をさらに楽しく盛り上げてくれる絵本や、そもそもクリスマスってなんだろう?サンタさんって何?本当にいるの?など好奇心を刺激する絵本をいくつかご紹介させていただきます。

出典 : 01.gatag.net

 

赤ちゃんから楽しめるクリスマス絵本

クリスマスのかくれんぼ

作・絵:いしかわこうじ (ポプラ社)出典:amazon.co.jp

1歳前後のお子さんでもクリスマスの楽しさを感じられる絵本。ページが型ぬきになっているのが一番の特徴。可愛らしいイラストと色使いで仕上げられており、見ても触っても楽しめるようになっています。クリスマスにまつわる絵の説明が、それぞれ日本語と英語で表記されていて、小さなお子さんに言葉を教えるときにも使える1冊。

 

クリスマスのおばけ

作・絵:せなけいこ (ポプラ社)出典:amazon.co.jp

「ねないこだれだ」で有名なせなけいこ先生の、クリスマスの絵本。ここにもあのおばけが登場します。ちょっぴりシュールで笑いを誘う展開には、大人もクスッとしてしまうこと間違いなし!お子さんとクリスマスやおばけの話で盛り上がれる1冊となっています。

 

クリスマス気分を盛り上げよう!ワクワクする絵本

ぐりとぐらのおきゃくさま

作:中川李枝子 絵:山脇百合子 (福音館書店)出典:amazon.co.jp

有名なぐりとぐらシリーズの冬のおはなしです。二人が雪の中の大きな足あとを辿っていくと…と話が始まるのですが、その先には一体何があるのだろう?と、冒頭からひきつけられます。そして美味しい香りに、みんなでクリスマスをお祝いする雰囲気など、まるで自分も物語の中に一緒に入ったような気分に。クリスマスならではのワクワク感が楽しめ、最後は温かな気持ちになれる1冊。

 

クリスマスのまえのよる

著:クレメント・C・ムーア イラスト:ロジャー・デュボアザン 翻訳:こみやゆう (主婦の友社)出典:amazon.co.jp

この絵本の最大の特徴はその形。縦に長い長方形をしています。その理由は1954年のニューヨークでの発売当初、クリスマスプレゼントを入れる靴下のサイズに合わせてデザインされたため。色使いも鮮やかで、見る人を惹きつけます。クリスマスイブの出来事を父親の視点から子どもたちに語りかける物語。日本語訳も美しく、大人も一緒に楽しめる1冊となっています。

 

子どもの知りたい!にこたえる。知的好奇心を刺激する絵本

愛蔵版 クリスマスってなあに

著:ディックブルーナ 翻訳:舟崎靖子 (講談社)出典:amazon.co.jp

クリスマスはサンタさんがプレゼントを持ってくる日。そこまでは子どもたちも知っています。でもそもそもどうしてこんな風にお祝いすることになったのか知っていますか?この本は、イエス・キリストの誕生から遡り、ディックブルーナの絵でやさしくクリスマスについて教えてくれます。子どもの好奇心を満たすだけでなく、大人にとってもとても勉強になる貴重な1冊。

 

あのね、サンタの国ではね…

著:嘉納純子 著:松本智年 著:一色恭子 イラスト:黒井健 (偕成社)出典:amazon.co.jp

サンタさんって本当にいるの?クリスマスじゃない時は何をしているの?一度は子どもの頃、疑問に思ったことがあるのではないでしょうか?この絵本はカレンダーのように月ごとにページが綴られていて、毎月サンタさんたちがどんなことをしているかが描かれています。温かみのあるタッチの絵と色使いで、読む人をほっこりさせてくれる1冊。最後の大勢のサンタさんたちが空を飛んでいるページは、ドラマチックで印象に残ります。

 

番外編 こんな絵本もあります!

ポップアップ だれも知らないサンタの秘密

:アラン・スノウ 翻訳:みましょうこ (大日本絵画)出典:amazon.co.jp

ポップアップ本、いわゆる飛び出す絵本です。漫画タッチでサンタさんのことが詳細に描かれていて、一人で本を読めるようになる小学生低学年くらいまで楽しめる本になっています。ギフトにもぴったりな1冊となっています。

 

出典: free-photos.gatag.net

いかがでしたか?今回は、12月に親子で一緒に読める楽しいクリスマス絵本をご紹介しました。皆さんも是非お気に入りの1冊を見つけて、クリスマス気分を盛り上げてみてはいかがでしょうか?

 

クリスマスに親子で楽しめる絵本紹介記事

記:Aya