イルミネーションの季節到来!今年行きたいおすすめスポットをご紹介します☆

ニュース体験.jp / 旅行 , , , , , , , , / 公開日:2017/11/16

そろそろ冬休みの計画を立て始めている方もいらっしゃるのではないでしょうか?冬休みはクリスマスにお正月と楽しみなイベントがたくさんあってワクワクしますよね!

出典:kimedoki.jp

そして冬の定番といえば、忘れてはいけないのがイルミネーション!寒〜い冬も、街がキラキラと輝いているだけで心が癒され、気持ちが暖かくなります☆今や冬の定番となったイルミネーションですが、一体イルミネーションは、いつどこで生まれたのかご存知ですか??

イルミネーションの歴史

イルミネーションの起源は16世紀に遡ります。クリスマスのイルミネーションが有名なドイツで、マルティン・ルターが森の木の枝にロウソクをたくさん飾ることで、煌めく美しい星空の景色を再現しようとしたのが起源と言われています。

出典:4travel.jp

その後、電球イルミネーションを始めたのが、あの有名な発明王、トーマス・アルバ・エジソン。彼は発明だけでなくマーケティングにも長けていて、自分の発明品を売るために、自分の研究所の周りを白熱電球で飾り付けたそうです。そしてそれが大ヒット!これが世界初の電球イルミネーションと言われています。

出典:iwiz-chie.c.yimg.jp

そして日本にイルミネーションが登場したのが明治時代。年々装飾が華やかになると同時に、LEDの普及によって、現在では様々な場所でバラエティに富んだイルミネーションを楽しむことができます。近年はCGを使って壁や建物に立体的な映像を映し出す、プロジェクションマッピングのイルミネーションも注目されていますね!今後も更なるイルミネーションの進化に期待です☆

 

東京でイルミネーションを楽しむなら♪

私が好きな都内のイルミネーションで、特におすすめな2大スポットが、お台場と六本木です。

お台場イルミネーション“YAKEI”

お台場ではいくつもの施設でイルミネーションが開催されていますが、イチ押しはやっぱりデックス東京ビーチのイルミネーション!

出典:odaiba-decks.com

ここはレインボーブリッジや東京タワーが眺められる夜景スポットでもあります。クリスマスの時期は高さ20mのクリスマスツリーを中心に、全長約200mに広がる樹木を、約22万球の光が包みこみます。ハート型のオブジェはカップルの記念撮影スポット♡

出典:odaiba-decks.com

また観覧車のあるパレットタウンもデックス東京ビーチから近いので、イルミネーション巡りするのもいいですね。お台場はデートで行けば2人の距離が縮まること間違いなしのスポット♡

六本木のスターライトガーデン

六本木でもあらゆるところでイルミネーションを楽しめます。六本木ヒルズのけやき坂イルミネーションは、約400mの並木を約125万球が彩る光の坂道としてあまりにも有名ですね。

出典:roppongihills.com

そして私がここ数年必ず行くのが、東京ミッドタウンのスターライトガーデン!この美しい光と音のショーには誰もが感動するはずです。

出典:tokyo-midtown.com

10周年を迎える今年は、太陽系の7つの惑星を巡る「宇宙旅行」がテーマだそうで、曜日ごとに演出プログラムが変わるのだとか。さらにスケールアップした東京ミッドタウンのイルミネーションは絶対に今年も行かなくちゃ☆

 

全国にはもっと凄いイルミネーションがあるらしい…!

今年の冬、私はちょうどこれから休みをとるので、ちょっと遠出をしてまだ見たことのないイルミネーションを見に行こうと思っています。ネットでどこのイルミネーションが良いのか検索していたところ、じゃらんニュースの『今年行ってみたい“イルミネーションスポット”ランキング』を発見!
そこに載っている全国のイルミネーションは、今まで都内で見てきたものと明らかにスケールが違うんです。もう全部行きたい!!と思うほどどれも素敵なので、是非ご紹介させていただきます。題して『冬休みの旅行で絶対に行きたい!全国のおすすめイルミネーションベスト5☆』

第1位  ハウステンボス「光の王国」【長崎県】

長崎の有名なテーマパーク、ハウステンボスは実はイルミネーションにとっても力を入れているんです。


世界最大の1,300万球、キラキラ輝く大スケールのイルミネーションは圧巻! ガラス製の床から真下に光の世界が広がる「光の天空カフェ」や、音楽に合わせたイルミショーが繰り広げられる高さ30mの「光の天空ツリー」など、今年の演出もさらにパワーアップしています。


【開催期間】2017年11月3日(金)~2018年5月6日(日) 
【点灯時間】日没~営業終了まで

 

第2位  なばなの里「イルミネーション」【三重県】

広大なお花畑に季節を通してさまざまな花を楽しめる、なばなの里。すっかり冬の風物詩となったウィンターイルミネーションには東海地域だけでなく関西からも毎年たくさんの人が訪れます。


今年で13回目を迎えるウィンターイルミネーション一番の注目は、毎年テーマを変えて登場するメイン会場!今年のテーマは、くまモンと熊本の四季折々の美しい風景がモチーフで、阿蘇山や熊本城など、熊本の多彩なシーンが次々と出現します。
また花の形をした電球が無数に輝く、全長200mの光のトンネルも必見!


【開催期間】開催中~2018年5月6日(日) 
【点灯時間】日没頃~21:00 ※時期により延長あり

 

第3位  第23回 神戸ルミナリエ【兵庫県】

私がずっと行ってみたくてまだ行けていないのが、神戸ルミナリエ。幾何学模様の繊細なデザインがものすごく美しいですよね。阪神・淡路大震災からの復興と再生への夢を願い、今年で23回を迎えます。神戸の希望を象徴する冬の風物詩で、昨年の来場者数は約325万人という巨大イベントです。


【開催期間】2017年12月8日(金)~12月17日(日) 
【点灯時間】未定

第4位  定禅寺通「2017SENDAI光のページェント」【宮城県】

160本のケヤキに一斉に光が灯る瞬間には、歓声が上がるほど。並木道を明るく照らす、仙台の冬の風物詩。雪が降るとより一層幻想的な世界を作り出します。


【開催期間】2017年12月8日(金)~12月31日(日) 
【点灯時間】日~木:17:30~22:00、金土:~23:00
※12月24日(日)は23:00、31日(日)は24:00消灯

 

第5位  あしかがフラワーパーク「光の花の庭」【栃木県】

広大な敷地に400万球のイルミネーションを装飾。5,000本の光のバラが輝く様は、まさに「光の花の庭」。その他、大藤棚を再現した「奇蹟の大藤」や水辺に輝く「光の睡蓮」など見どころ満載です。


【開催期間】開催中~2018年2月4日(日)
【点灯時間】16:30~21:00、土日祝~21:30

 

第5位  OSAKA光のルネサンス2017【大阪府】

同点第5位はOSAKA光のルネサンス。建物に映像を投影する人気の「ウォールタペストリー」は中央公会堂を舞台に新作を公開予定!台南とのコラボで約1,000個のランタンが輝く「光の廟」や大阪の食が揃う「光のマルシェ」も併せて楽しめます。


【開催期間】2017年12月14日(木)~12月25日(月) 
【点灯時間】17:00~22:00 ※一部コンテンツは16:00~22:00

※2017年10月31日時点の情報です。

いかがでしたでしょうか。皆さんも心に一生残る素敵なイルミネーションで、今年の冬はキラキラと輝く思い出作りをしてください♫

全国のおすすめイルミネーション
記:RiNa