食欲の秋におすすめ!「おいしい育毛法」とは?

ニュース体験.jp / 発毛 / 公開日:2018/10/09

こんにちは!涼しくなってきて、食べものがおいしくなるこの季節。栗、秋刀魚、きのこ、さつまいも、ぶどう、柿…秋はおいしいものの宝庫ですよね。実はこれらの食材の中には、特に育毛に良いとされる食材も多くあります。

せっかくなら、育毛対策も楽しく続けたいもの。今回は、AGAヘアクリニックの医師がおすすめする、この季節ならではの「育毛に良い」食べものをご紹介します。

 

血液をサラサラに!育毛成分が詰まった「秋刀魚」

出典:park.ajinomoto.co.jp

秋といえば秋刀魚!脂がのった秋刀魚は、リーズナブルなのにおいしく、この季節になると何度も食べるという人も多いのでは?

秋刀魚に含まれるEPAとDHAは、血液をサラサラにして、血流促進をする効果があります。髪の毛の生成に必要な栄養や酸素は、毛細血管から「毛母細胞」へと送り届けられます。頭皮の血流が促進されれば、栄養成分がより頭皮に届きやすくなります

出典:myggrowing.com

さらに、秋刀魚には鉄分が多く含まれているのもポイント。育毛を阻害する恐れのある、ヘモグロビン不足の予防ができます。鉄分は体に吸収されにくい成分ですが、ビタミンCを一緒に摂取することで吸収しやすくなるといわれています。すだちを絞って食べるのが良さそうです。

 

煮てもサラダにしてもおいしい!甘い秋のカブ

出典:park.ajinomoto.co.jp

春と秋に旬があるカブ。根にも葉にも育毛成分がぎっしり詰まっています。秋刀魚と同じく血行促進効果や皮膚粘膜の健康維持に有用な鉄分、血流を良くするナイアシンなどが含まれています。これは毛母細胞を活性化すると言われています。

出典:lettuceclub.net

さらに、カブには髪の毛の主成分であるタンパク質「ケラチン」の合成に必要な亜鉛が含まれています。鉄分や亜鉛の吸収を助けるビタミンCも含まれていて、まさに育毛を考える人は積極的に摂りたい食材といえるでしょう。

煮物にしたり、薄く切って葉物やツナと和えればサラダとしても食べるのもおすすめです。

 

柿は、育毛成分ビタミンCの含有量でいうなら果物の王様!

出典:gourmet.dmkt-sp.jp

秋の果物といえば、真っ先に思い浮かぶのが「柿」。柿はみかんの倍以上のビタミンCが含まれると言われるほど、果物の中でのビタミンC含有量はトップクラス!まさにビタミンCの王様のような果物です。柿1個で1日分のビタミンC必要量がまかなえると言われています。

ビタミンCは頭皮の老化を防ぎ、頭皮そのものの力を高めることで、薄毛になりにくくする作用があります。さらに髪の毛を生やす頭皮の「17型コラーゲン」を生成するのも、ビタミンCの力。育毛に欠かせない鉄分や亜鉛の吸収を高める力もあります。

出典:kumou-hagedanshi.com

柿の渋みのもとであるタンニンはポリフェノールの一種。これも頭皮の老化を防ぎ、血液をサラサラにしてくれるので、育毛成分がより頭皮に届きやすくなります。

 

要注意!食べた栄養素が必ずしも頭皮に届くとは限らない

出典:asagei.com

おいしい食べもので薄毛が改善できるなら、ぜひ積極的に育毛成分の豊富な食べものを取り入れたいものですね。秋刀魚・カブ・柿。どれもスーパーなどでお手頃に手に入りやすい食材です。

ただし要注意なのは、食べた栄養素が必ずしも頭皮に届くとは限らないこと!もちろん食べるに越したことはないのですが、ビタミンCに関して言えば、食べても頭皮に届くのは1%未満だと言われています。しかも、大量にとっても一定量を越えると体内から流れ出てしまいます

頭皮に直接栄養素を届けられる育毛剤や発毛促進剤を併用することで、この季節もより万全な育毛対策ができると言えるでしょう。秋は薄毛が増えやすい季節です。ぜひ育毛対策にお役立ていただけたらと思います。

 

「秋の薄毛改善食材」記事
記:育毛ライターの狭山