人生で1度は訪れたい仏教国バンコクの歩き方☆食べて、祈って、恋もして♡

ニュース体験.jp / 旅行 , , , , , , , , , / 公開日:2017/07/11

こんにちは☆元航空会社勤務の☆riko☆です。先日、何度でも行きたくなる常夏仏教国のTHAILANDに行って心身共にリフレッシュをしてきました♡航空会社に勤めていた時はお陰様で色々な国に旅行に行かせて頂きましたが、タイはその中でもリピートしたい国ランキングBEST5には入るので、今回はバンコクやバンコクからすぐに行けるオススメスポットをランキング形式でお伝えしまーす♡




6位.バンコクNO.1のパワースポットエラワン・プームでお祈り

btsでchit lom駅へ。btsとはBangkok train systemの略で電車です☆一昨年8月にこちらでテロがありましたが、2カ月後に訪れた際にはおぞましい跡が残るも、現在は跡形も無く整備されていました。バンコクNO.1のパワースポットと呼ばれており、願い事が叶う方が大変多いようです!

願い事が叶うと舞を奉納します。

出典:meglogtabihen.up.n.seesaa.net

ちなみに私は「宝くじで一億円が当たりますように☆」とお願いしましたが…残念笑。まだ叶っていません笑。お祈り後は庶民が通う巨大スーパーのBIG C(ここが1番大きい)や

出典:walkwithajay.com

ナラヤでばらまき用のお土産を買うのが◎

出典:runbkk.net

ちなみに地元民で今1番流行っているのがこのリップクリームのようなヘンテコな物体!

出典:scontent.cdninstagram.com

これ何か?って?!鼻の穴に入れてメンソレータムのような匂いを嗅ぐと頭痛が治るというスーパーアイテム☆とりあえず私はめっちゃ買い込みました^_^

出典:obayashi.co.jp

サイアムパラゴンサイアムスクエアで高級ブランドを買うのも楽しいですょ♡ツーリストは5%off+VAT(付加価値税)を返金してもらえるので、日本のブランド以外はバンコクで買った方がお安く手に入ります♡

5位.足を伸ばして水上マーケット

バンコクから2時間程でダムヌンサドアクにある水上マーケットに行けます。


ツアーで行く際はパンダバスツアーがオススメ!日本語を話せるツアーガイドさんが案内をしてくれるので安心で、ツアー代も良心的。バン一台で行くのですが、同乗者がいない場合は行きも帰りもステイ先まで送り迎えをしてくれます☆水上マーケットでは様々な商品を積んだ小さな1人乗り用の舟が所狭しに行き交い、活気溢れる市場です。


今から約30年前はバンコク市街地も水上交通だったようですが、現在は発展して電車、バス、車が市街地では主要なので、水上マーケットは郊外でしか見れなくなりました。たまにチャオプラヤー川で商品を売っている人は見かけますけどね(^^)水上マーケットでは、タイならではの南国フルーツ、トムヤムヌードル、お土産等が買えます!


私がオススメなのが、揚げバナナとココナッツパンケーキ。一度食べると病みつきになりますょ♡



4位.世界遺産のアユタヤ

こちらもパンダバスツアーがオススメで、象乗り体験やランチがセットになっているプランもありますょ☆アユタヤは400年以上にもわたり王朝の都が置かれた場所ですが、ビルマ軍との戦いに敗れて滅亡した古都。その王朝の中でも、言わずと知れたワット・マハータートの樹木の中の仏頭。


安らかな顔のようで、悲しみと苦悩を秘めたような…見ていて辛くなりました。ここで、ワンポイントアドバイス!!写真を撮る際は敬意を仏頭にはらう為に、仏頭よりも自分の頭が高くならないように気をつけて下さいね。


ワット・プラ・シー・サンペートはとっても広く夕方からはライトアップもされるので見応えもかなりありますょ!


こちらの仏塔3基には現在も3人の王の遺骨が納められているそうです。無残な仏様を見て心身共に疲れてしまった方は、象に乗って王様気分でアユタヤ公園の散策は如何?!

出典:img.guide.travel.co.jp

3位.恐竜博物館で絶叫

btsでphrom phong駅へ。駅から5分程歩くと今年出来たばかりの恐竜博物館に到着!


維持費がかかるのかタイでは割と高めの入場料で大人:600バーツ子供:400バーツちなみに90cm以下の子供は無料と書いてありました。タイは年齢ではなく身長で子供のフィーを決めるのか?笑。うちのは98cmなのでしっかりお支払いをして、いざ出陣!


うわっ!大迫力!まさに「ジュラシックパーク」の世界☆大都会のど真中に小さめの「ジュラシックパーク」が現れた感じ。


パーク内では恐竜が走り回っていましたょ焦。娘はこの時点で半ベソでしたが、恐竜が大好きな男の子や男性は一日中居れますょ☆パーク内には乗り物に乗るアトラクションが1つ、歩いて散策するものが3つあるのですが、1つだけ大人でもちょっぴり恐怖の物がありました。


恐竜を監視する監視塔に入るのですが、恐竜によりシステムが破壊され、監視塔から逃げて出口まで行かないといけないのです。しかし、ティーレックスが走って私達を追いかけてくるという…笑。


私達はたまたま中国人のお父さんと10歳位の坊やとのペアだったのですが、途中で坊やがお父さんと離れ離れになり…ティーレックスに追いかけられて中国語で泣き叫びながら出口に向かうシーンが面白すぎて、私と母は大爆笑で終わりましたが、娘は気絶する程泣いていました。


富士急のようにお化けが追いかけてくる!は日本にもありますが、恐竜が追いかけてくるはここでしか体験出来ないと思います。

2位.南国と言ったらビーチ!!奇麗なビーチを求めてラン島へ

btsでEKAMAI駅まで行きパタヤ行きの高速バスに乗り込みます。一人110バーツ前後とにかく安い!車内は冷房がやたらきいているのでパーカーはmust!二時間程でパタヤに到着します!到着後はパタヤから離島に行く船着場へ☆船で40分前後揺られ、目指すは水質がとっても良いラン島のサマエへ☆


パタヤの海は奇麗とは決して言えないのですが、たったの40分でこの海の青さ!野生のお猿さん達が出迎えてくれますよ(●^o^●)


遠浅なのでお子様連れでも安心!うちの娘は水に顔をつける事が怖かったのですが、ラン島の海の綺麗さに圧倒され、魚を水中で見る楽しさも覚えて、あっという間に潜れるようになりました☆


また、ビーチで食べるご飯も割高ではありますがとても美味しいですよ☆炒飯にお肉にガーリックシュリンプ☆


そして私が大好きなシンハービールにココナッツを丸ごと使ったピニャコラーダ♡

これぞまさに至福の一時♡♡♡バンコクから2時間強であなたを夢の世界へと導いてくれます!



1位.チャオプラヤー川をリバークルーズ

btsでsapan taksin駅まで行き、サトーン船着場からチャオプラヤーエクスプレスボートに乗っていざ出発!※ボートの色によって運賃は前後。大体15-30バーツ。


チャオプラヤー川自体は汚いですが笑、水面を吹き抜ける風が心地よく、辻仁成さんの小説『サヨナライツカ』の主人公である沓子になった気分で自分の世界へ入れます。


クルージングをしてまもなくすると『サヨナライツカ』の舞台になったマンダリンオリエンタルが見えてきます。


ここで降りて沓子と豊ごっこをするのも◎一息ついてカフェをするのも◎


マンダリンオリエンタルで沓子の胸が苦しくなる程切ない気持ちを痛感した後は…再度水上バスに乗り「幸せになれますように!」とワット・ポーに願掛けをしに笑。


うん。私この時点で間違っています苦笑。「幸せになれますように!」と願う事自体が煩悩ですね…(_ _).。o○って事で、超巨大寝涅槃像の裏手にある108ある鉢の中に1枚ずつ硬貨を落とす事に。


なんでも108全ての鉢に硬貨を入れられると煩悩がなくなるとか?!108入れましたが、数時間は煩悩がなくなりましたょ笑。余談ですが、この硬貨を入れる作業は子供は超ハマりますょ☆うちのは大はしゃぎをしながら硬貨を入れていました。


最後の目的地は、三島由紀夫さんの小説『暁の寺』の舞台となったワット・アルンへ。


アルンは暁という意味だそうで、夜になるとその名の通り、不気味な程まばゆい暁色にライトアップされます。時間によって表情が変わるので対岸で読書をしながら、煩悩に囚われず、ワット・アルンを見るのも◎

 

以上、如何でしたか?!バンコクに遊びに行かれた際は是非参考にして頂けたら幸いです☆

 

記:☆riko☆
人生で1度は訪れたい仏教国バンコクの歩き方☆