beat NAPA WINE!!!beat Opus!!!「Y by Yoshiki」プレミアム新作ワインの発表会&試飲会☆

ニュース体験.jp / グルメ , , , , , , , , / 公開日:2016/09/03

こんばんは☆XJAPAN大好き娘の☆riko☆です。2016年9月5日(月)Yoshikiさんとナパヴァレーの4代目醸造家のロブ・モンダヴィJr.さんがコラボレーションしたワインブランド「Y by Yoshiki」新作ワイン(白&赤ワイン)が発売される事になりました。

IMG_5033
9月2日(金)新作ワインの発表会&試飲会が行われたので行って参りました☆二度とないであろう貴重すぎる体験をさせて頂いたのでレポート致します。

PROLOGUE

私の青春時代真っ盛りの頃にXJAPANも全盛期でした。なので未だに頻繁にあの頃を思い出しXJAPANの曲を聞いています。XJAPANのどこが好きなの?何が凄いの?って?あげればキリが無いですが、一番はヴィジュアル系ロックバンドで奇抜すぎるルックスであるのにも関わらず

default_8f8830dfe040ce74b3c77974653835bb出典:img.laughy.jp/5071

クラッシックの要素もあり、ロックとクラッシックがMIXされたような・・・なんとも言えない繊細すぎる音楽が私を魅了しました。また、ライブ中のパフォーマンスもやばすぎるんです。例えばいかにも高そうなドラムをライブ終わりに惜しげもなく壊したり・・・

IMG_4914
一言でいえば一瞬たりとも瞬きさえも出来ない程目が離せないバンドです。元総理の小泉さんもXJAPANのファンでした。また、『天皇陛下御即位十年をお祝いする国民祭典』の奉祝曲「ピアノ協奏曲」も素晴らしかったですよね☆過去にXJAPANのライブにも行った事がある私。あの時メンバーの顔は米粒大にしか見えなかったのに・・・本日はまさかの手を伸ばせば触れるレベル!!!鼻血ブー子ですよ。マジで( *´艸`)

 

CHAPTER ONE「Yoshiki」

yh2出典:visualioner.files.wordpress.com

XJAPANのリーダーを務めるYoshikiさん。XJAPANは過去に解散をしたり、しばらく活動をしていない時期もあり若い世代の方はあまりピンとこない方もいるかもしれませんが、少なくともYoshikiさんの楽曲は誰もが一度は聞いているはず。例えば、今話題のドラマ「せいせいするほど愛している」

CrFn0sJUMAEsUyO出典:pbs.twimg.com/media

松田聖子さんとコラボレーションした主題歌の作詞作曲をされました。私、この主題歌を初めて聞いた時、なんて繊細で切なく綺麗な透明感があるメロディーなんだと涙腺がゆるみました!

 

IMG_4915
また現在は”Evening & Breakfast with YOSHIKI 2016!”の公演の真っ最中!そんなご多忙のYoshikiさんですが、本日「Y by Yoshiki」プレミアム新作ワインの発表会&試飲会に来て下さいました。

 

CHAPTER TWO 「WHY NAPA?」

「Y by Yoshiki」の葡萄は全てナパヴァレー産だそうです。では、なぜナパなのか?ナパヴァレーは皆さんもご存じのようにワインがとにかく有名です。

IMG_4930
実はナパヴァレー特有の土壌や性質にワイン造りの秘密はありました。ナパの南部はサンフランシスコ湾の影響で冷たい風が、南から北に吹く為に丸くて新鮮な品種が栽培されているようです。こちらの南部で採れた葡萄は「Y by Yoshiki」の白ワインに北部は暖かい気候でこちらで採れた葡萄はスムースでベルベッドのような口当たり「Y by Yoshiki」の赤ワインに使用したそうです。

IMG_4980
実は私も昔、航空会社で働いていた際に行ってきました☆その当時付き合っていたパイロット訓練生が、今は無きナパ運航乗員訓練所で訓練を受けていたからです笑。

DIGITAL CAMERA出典:blog.aopa.org/opinionleaders

とてものどかな場所で葡萄の良い香りに全身が包まれます。私はOpus one、Silver Oak、Rubicon estateに行きましたが、どこもかしこもテイスティングだけで20ドル超。たかす~((+_+))高級思考のナパなら仕方がない。ちなみに余談ですがOpus oneはJ○Lのファーストクラスでも出しているワインで1本7万円もするんだとか。Rubicon estateは石田純一さん&東尾理子さんが挙式をされたところで一時期話題になりましたね!

CHAPTER THREE「Y by Yoshiki」の経緯

カルフォルニアを拠点に活躍しているYoshikiさんは芸能界屈指のワイン好き。ワインをプロデュースするにあたり、様々な知識が必要であった為、ナパヴァレーの4代目醸造家のロブ・モンダヴィJr.とコラボレーションをする事になりました。

IMG_4971
お二人は2009年6月18日ロブの祖父の誕生日の日に初めて会ったそうです。お互いすぐに意気投合☆100以上のサンプルワインをテイスティングし、ブレンドを決め最終的にどれを使いどのようなスタイルにするか決めたそうです。

IMG_4953
一等地の良い葡萄をセレクトし「Y by Yoshiki」の葡萄は全てナパヴァレー産でとても貴重なワイン!また、飲んだ時にYoshikiさんのスタイルが伝わるようなワインにしたそうです。Yoshikiさんからはこのような名言も頂きました!「自分がワインしか作らなかったら?という観点でこのワインを作り良い品種だけを選んだ。beat NAPA WINE!beat Opus!」このコメントからもかなりの力作という事がわかります☆

CHAPTER FOUR「ワインの特徴&ボトルのイメージ」

飲みやすく力強くスムースでコクが出てくる事を意識して造り、微妙なバランスが難しく何百回もブレンドしなおした。とYoshikiさんは語っていました。

IMG_4960
音楽作りもワイン作りもきっとこの微妙なバランスが大事なんだと思います。このような観点では音楽作りもワイン作りも行程は似ていますよね。ボトルに関しては、白ワイン(シャルドネ)はカーブが綺麗なボトルで美しい女性をイメージ

IMG_4919
赤ワイン(カベルネ・ソーヴィニョン)は肩が張っているようなニュアンスですが、その中にもスレンダーでスムースなイメージしたそうです。

IMG_4920
また「y」は🎼ト音記号をイメージしたようです。Yoshikiさんらしさが表現されていますよね。ちなみに私は「X by Yoshiki」でも良かったのでは?!と思いました笑。でも。よくよく考えてみると「X」ですとト音記号風にデザインできないわね笑

CHAPTER FIVE「試飲会」

『Longing~跡切れたmelody~』を思わせる、白ワインの「2012 Y by Yoshiki Napa Valley Chardonnay 」参考価格:¥9,800(税別)

IMG_5039
透明感のあるゴールドの色合いでフルーティーな香り。個人的には酸味が強く重い感じなのに最後にバニラのような香りがふわっと続く。このバニラのような香りが続く秘訣はフランス製のタルで熟成をしているからだとロブ・モンダヴィJr.さんがコメントされていました。心が締め付けられるように切ないのにでも幸せだった事を感じられるような、まるで『Longing』の歌詞の「I’LL SING WITHOUT YOU  CAUSE, STILL I LOVE YOU」(あなたがいなくても、僕は歌い続ける。あなたを愛しているから)このようなイメージを持ちました。

『Forever Love』を思わせる赤ワインの「2011 Y by Yoshiki Napa Valley Cabernet Sauvignon 」参考価格:¥14,800(税別)

IMG_5042
こちらは造るにあたり大変苦労したようです。なんでもYoshikiさんは世界中のCabernet Sauvignon を飲まれているようで、それに値するような仕上がりになるように試行錯誤を繰り返したようです。綺麗なルビー色で甘くてほろ苦い?香りがしました。白ワインに比べると酸味はそれ程なくブラックベリーやカシス・・・果実本来の味がしっかりしていたようなシルクのような口当たりが永遠に続きます。生きる上では誰もがたくさんの悩みがあり試行錯誤する中で「溢れる涙の中 輝く季節が永遠に変わるまで Forever Love」この『Forever Love』にあるような歌詞のイメージを持ちました。※あくまでも個人的な意見です。

Digression

試飲会の際に少しだけロブ・モンダヴィJr.さんとお話しをさせて頂く機会がありました。

IMG_5046
生まれて初めて帰国子女で良かったと思った瞬間でした笑。英語が綺麗だとお褒めのお言葉も頂き有頂天☆riko☆でした(*´ω`)また、奇跡的にYoshikiさんともほんの僅かお話しをさせて頂けました。

IMG_5045
Yoshikiさんを目の前にフリーズしてしまった私にy「ワインの味は如何ですか?」r「とってもおいしいです☆」y「良かったです☆」r「Y by Yoshikiは最後の晩餐に飲みたいワインですか?」y「そうですね。そうだと思います」たったこれだけの会話ですが、私にとって人生で忘れらる事が出来ない貴重な瞬間でした。お二人ともサービス精神が旺盛でとても気さくな方でした。

LAST CHAPTER

ナパヴァレーの中で言わずと知れたロバート・モンダヴィ、スクリーミング・イーグル、オーパスワン・・・現在では「Y by Yoshiki」が肩を並べるという。ナパヴァレーに吹き渡る薫風のように

hero-3出典:flavors.gousa.jp

優美で気品あるyoshikiさんですが、自分で納得出来るまで、何百回もブレンドし直したという・・・人知れず、血の滲むような努力を厭わず、そして必ず極めていく孤高の崇高なクリエーター、匠と感じます。そして、伝統を重んじると共に、時代の風を読み、常に革新的であり続けようとするyoshikiさんは、これからも、人々が望むものを、いち早くキャッチし、世に生み出していかれる事でしょう。

IMG_4991
また、ここだけの話ファン待望の新作アルバムが出るのも時間の問題だそうですよ☆益々目が離せませんね☆

記:☆riko☆
「Y by Yoshiki」プレミアム新作ワイン
発表会&試飲会 体験記事