インドとは別物!アレを入れたカレーこそスリランカンカリー。

ニュース体験.jp / グルメ, 旅行 , , , / 公開日:2015/10/03

カレーと言えばインドだろう。それは仰る通り、インドは堂々世界一位のカレー大国です。その海を挟んでご近所のスリランカは。もちろん、スリランカも3食カレーになるほどカレー食文化です。非常にスパイスの効いたカレーなのですが、スリランカにはインドとは一風変わった、独特なカレーがあるんです!これこそスリランカンカリーというものが。

スリランカと言えば、紅茶の輸出量世界第一位。セイロンティーベースのカレーか!?

1

写真 2015-09-22 14 05 21

元々スリランカはイギリスの植民地時代、セイロン島と呼ばれていました。セイロンティーのセイロンは要はスリランカの旧名です。植民地時代は紅茶ではなく、コーヒー栽培が盛んだったんです。しかし1870年代に世界に蔓延したサビ病によりコーヒー樹は壊滅的な打撃を受け、農園は次々と閉鎖。で、その当時農園で働いていたスコットランド人ジェームス・テーラーさんが紅茶農園に切り替えたことで、今の紅茶大国スリランカが出来ているんです。では、その紅茶カレーを頂きましょう・・・申し訳ございません。紅茶カレーはありませんでした。

実はスリランカの人たちは魚をよく食べる。

500_21369556出典:http://4travel.jp/travelogue/10542984

ご存知、スリランカは島国です。モルディブにも飛行機で1時間半ほどで着いてしまうほどきれいな海を持つ国でもあります。ただ、やはり暖かい海なので、日本のような寒流を泳いで脂がのるアジやイワシ、サンマというのはあまり出てきません。どちらかというとカラフルな魚だったりします苦笑。こういう魚はDHAやEPAの含有量も低くて旨味というよりは淡白な白身魚ですね。でもこれらの魚よりも、もっともっと使われている魚があります。それはこれです。

出典:http://karapincha.jp/blog/
fishchips出典:http://rasayana.info/

これ、モルディブでは3食すべてこれを食べるといっても過言ではない「モルディブフィッシュ」なのですが、そう、これはいわゆる… 「鰹」です!!このエリアでは鰹がものすごく獲れてそして大人気の魚なのです。その鰹を鰹節ではないのですが乾燥させて写真のように切り裂いて様々利用します(この鰹節はウンバラカダと言います)。そんな鰹を使ったカレーこそが、まさにスリランカならではのカレーの醍醐味なんです(※もちろん他にもスリランカには多種多様なカレーあります。特に私が特筆したかったのがこれということです)

そのお味が、素晴らしく美味!ただ… ちょっと食べたことある味!?

写真 2015-09-22 16 15 45

写真 2015-09-26 17 05 46

見た目からも、たくさんの種類のスパイスが混ざった、とても民族的で情緒深い香りが伝わってくるカレー。。。と、思いきや、どこか懐かしい味がするんです。わかりました。これ、いわゆる「お蕎麦屋さんのカレー」ですよ。お蕎麦屋さんで出る、鰹だしの効いたカレーありますよね。カレーうどんとかでも使うようなスープ。あの味に近いんです。スリランカの数多のエキゾチックなスパイスと、まるで日本の旨味”UMAMI”も掛け算させたようなこのカレー。これは絶対にスリランカに来たら味わうべきですので、ぜひ皆さん、忘れずに試してみてください!!(※ちなみにモルディブでも出ます)

なかなか私たちの周辺にスリランカ料理店は無いのですが、参考までに東京のスリランカ料理店のNAVERまとめがありましたのでリンクシエアさせていただきます。


スリランカカリーPR記事
thanks: e-tours クシャーン