【育ママ&パパ必見】グローバル化が進む中、今や英語は必須!無理なく子供に英語力を身につけさせる方法とは?

ニュース体験.jp / 教育 , , , , , , , , / 公開日:2017/02/27

こんばんは!育児奮闘中の☆riko☆です。育ママ&パパの皆さん!2020年には日本の英語教育が「小学3年生からは必修化」「小学5年生からは教科化」となる事はご存知でしたか?この背景にはグローバル化が加速をしていっている中

出典:livedoor.blogimg.jp

英語を喋れる人が非常に少ない!


出典:i0.wp.com

という事で、より早い段階から英語を始め、今までの学校教育だけでは身につけられなかった英語教養を身につける為だそうです!親としては小学校で英語に遅れを取らないように、将来困らないようにしたいものですが、一体いつから英語を学ばせたら良いのでしょうか?結論から言えば、どんな教育でも早い時期から始める事が良さそうです。

子供の脳は0歳児から急成長する?

皆さん、産まれたばかりの赤ちゃんの脳の重さはどの位かご存知ですか?実は、400g前後しかないのです。
出典:http://www.matsusen.jp/ondoku/ondoku2-2.html

赤ちゃんは泣いて寝る事が仕事で脳も小さい為、この時期から音楽を聞かせたり、絵本の読み聞かせをするのは意味がないと思われている方も多いかもしれません。しかし、その認識は間違っているのです!古来から「三つ子の魂百まで」というように子供が3歳までに受けたしつけや教育はとても重要であり、大きくなってもずっと残るようです!
出典:d2goguvysdoarq.cloudfront.net

脳の発達は赤ちゃんが産まれたその日から始まり、脳は1日も休む事なく成長をし発達をし続けるようですよ。また驚く事に赤ちゃんの1ヶ月の脳の発達は大人の10年に相当すると言われているのです!

出典:http://www.genkicco.com/education/

文部科学省幼児教育課によると、人間の脳は3歳までに80%、6歳までに90%、12歳までに100%完成するようですよ。そして更に言語には臨界期があるようでその年齢は10歳までだと言われています。

言語の臨界期が来るまでに作るべき?!HOW TO MAKE『英語脳』

皆さん『英語脳』ってご存知ですか?
出典:road-to-englishspeaker.com

私達が日本語を直接脳で何の違和感もなく理解をするように、英語を日本語に一回変換をすることなく直接脳が理解するという事です。『英語脳』を作るには英語をよく聞き文章をよく読む事で頭にインプットをする事。そして脳内に『英語脳』を作るスペースを作ってあげる事が大事だと言われています。出典:e-taiken.net

また日本語は108音に対し、英語は1808音もありとても多い事から、脳が完成をする前に!言語の臨界期を迎える前に!脳内全てが日本語で埋まってしまう前に!小さい内から英語をよく聞かせインプットをする事で、自然に脳内に『英語脳』を作る事が出来るようです!

出典:eigo-tatsujin.net

ちなみに私自身は4-11歳までNYで過ごしたので『英語脳』はしっかりあり、TOEICも900点以上あります!『英語脳』がある為、リスニングの勉強はした事がありません!このような環境を作ってくれた親に感謝をしています。英語を学ぶ環境を作ってあげられるのは私達親しかいないのです!

人は英語を話せるようになるまでは2000時間かかる?!週1の習い事だけでは追いつかない?!

人は英語の発音を聞き英語を話せるようになるまでに2000時間かかると言われています。

出典:xn--dckbb2c9a9dr8cyevh2b5f.biz

この換算方法は英語圏で産まれた赤ちゃんが英語を喋り始めるまでに基づいているようですが、2000時間って・・・莫大な時間がかかりますよね。仮に子供に週1で1時間の英語教室に行かせていても、1年間で英語を学べる時間は(月4~5H×12M=MAXで60H)にしかならないので

出典:world-family.co.jp

2000時間に到達をするまでには何十年とかかってしまい英語教室だけでは到底追いつかないのです。つまり英語教室+@で子供が興味を引くような教材を見つけ、自宅でも英語を始めれば2000時間はあっという間にクリア出来るのです!コツコツ型が向いているのであればわざわざ教室に行く必要もなくなるかもしれません☆

教室と自宅で行う教材のメリット、デメリット

教室

出典:image.jimcdn.com

<デメリット>
・1,2歳クラスは泣くわめく騒ぐで親がいても授業にならない事が多い
・1,2歳クラスは親もマストで参加をしなければならない
・体長不良で教室を休むとその回で習う事は抜けてしまう
<メリット>
・講師の唇を見て、唇の動きを見て、発音の仕方を覚えられるのでリアルなネイティブさながらの発音が身につく。
・対人式でプロによる洗練された指導を受けられる
・同じ目的を持った子供達が集まるので英語に対するモチベーションがあがる

教材

出典:image.rakuten.co.jp

<デメリット>
・最初は親が学び方を教えてあげる必要がある
・ネイティブさながらの発音が身につくかは分からない
・教材にずっと興味を持ってくれるかは分からない
<メリット>
・2000時間も生活の中に教材を取り入れる事であっという間!
・教室のように親が送り迎えや参加をする必要がなく時間短縮になり、無駄がない
・何度でも繰り返し学ぶ事が出来る
・兄弟姉妹間で使いまわせる

大手の英語教材を比較してみた!

<Worldwide KIDS>

出典:mamagare.com

対象年齢:0-6歳
価格:20万円前後
教材:DVD,歌のCD,絵本、おもちゃ(カードリーダー)
言語:英語のみ
難易度:初級~中級(英検4級程度)
開発者:日本人


教材を一気に届けるか分割をして届けるか選べます。音声は英語のみで日本語のサポートがないので、月齢が小さい内は親と共に学んでいく必要があります。見る+聞く事で英語をインプットは出来きここまでは「ディズニー英語システム」と似ていますが、対象年齢が6歳前後までなので長いスパンでは使用出来ない+文法や英会話が出来るようになるのか?と言ったら帰国子女的な目線だと厳しいと思いました。

<こどもちゃれんじEnglish>

出典:shimajiro.co.jp

対象年齢:2-6歳
価格:1年で17000円前後
教材:DVD,絵本、おもちゃ(タッチペン)
言語:日本語&英語
難易度:初級
開発者:日本人


2カ月に一回教材が届き、あくまでも英語に慣れる行く為の教材。音声は日本語のサポートもあるので子供1人でも学ぶ事が出来ます。子供が大好きなしまじろうと学べるので子供の関心は引きやすいです!しかしこちらも「Worldwide KIDS」同様対象年齢が6歳前後までなので長いスパンでは使用出来ない+文法や英会話もこの教材1つで学ぶ事は難しいです。このレベルであれば正直自分で教えられると思いました。

<ディズニー英語システム(DWE)>

出典:manabiguide.com

対象年齢:0-14歳
価格:15~80万前後(セットによって違います)
教材:DVD,絵本、おもちゃ(カードリーダー&タッチペン)
言語:英語のみ
難易度:初級~上級(英検2級程度)
開発者:アメリカ人


価格が高いだけに長いスパンで使用出来、とにかく教材の量が多く内容もとても充実しています。他の教材にはないようなカードリーダーやマジックペンがあり子供を飽きさせないと思います。また、日常会話(文章)を歌にしていたので、歌が大好きな子供は自然と月齢と共に長い文章も覚えられると思いました。*他の教材は基本単語が出てきます。

出典:spintheearth.net

音声は英語のみなので、月齢が小さい内は親と共に学んでいく必要があります。しかし、英語教室に行かなくてもディズニー英語システム(DWE)だけで実力はつきそうだと思い早速自宅で教材の体験を受けてみました。

英語教材売り上げシェアNO1のディズニー英語システム(DWE)!教材体験を受けてみた!

DWEに興味がある方、購入を迷われている方はまずは教材の無料体験を受けてみて下さい!


DWE海外に住まなくても、留学をしなくても、英語圏に住む子供が英語を学ぶような感覚で英語を学ぶ事が出来るのが最大の特徴だと思いました。
出典:takeda.tv

ここだけの話、私が帰国子女であるが故に教材の開発者が日本人だと「うん?今の表現ベストではないんじゃないかな?」「この言い回し変だな。アメリカではこうだったのに。」と思う事が多々あります。

出典:img-cdn.jg.jugem.jp

しかし、DWEの開発者はアメリカの言語学者でハーバード大学修士号を取得している事もあり、何の違和感もなくすんなり頭に入ってきました。DWEでは活きたリアルな英語を学べると思います。

ディズニー英語システム(DWE)だからこそ、実現出来ることとは?!教室+教材両者の役目をしてくれる?!

①母国語方式を採用

「母国語方式」というのは月齢を問わずに、例え小さなお子さんでも高度な文法、文章、会話をシャワーのように聞かせてあげる事です。

出典:newsweekjapan.jp

他社の教材は月齢に合った物が送られて、「理論学習方式」を採用しています。結論から言うと理論学習方式で単語や文法だけを繰り返し覚えても英語は喋れるようにはなりません。小さい頃からいかに文章、会話に耳が慣れるかが勝負でそのような環境を作ってあげるには、親の海外転勤に付いて行く、留学、インターナショナルスクール、DWEしかないと思いました。例えばこの絵を

出典:zastavki.com

理論学習方式なら「cake」と教えるところ母国語方式では「a piece of cake」と小さい内から教えてくれるので、後々修正をして覚える必要がなくなります。

②聞く、読む、話す、書くの全てが出来るようになる

同じ単語、フレーズ、文章を繰り返し取り入れながら難易度が高くなる仕組みになっているので、自然と頭にインプットしやすく、確実に着実に力になっていくのでは?と思いました。

出典:english-freelife.com

高校レベルの文法も出てきますが、子供が小さくても絵や映像を見る事で説明がなくても理解出来るようになっていたので、無理なく気が付いたら自然と身についている!のではないかと思います。

③ネイティブ並みの発音もしっかり身につく

私は正直『発音』に関しては教材では厳しいと思っていました。しかし、このカードリーダーと


マジックペンがある事で不安も解消されました!


両者とも自分の声を録音し再生する機能が付いているので、自分の発音がネイティブとどう違うのか理解出来るようになっていました。

出典:tomoe.life

また別途会費を払うと、週1回ネイティブの先生と電話でレッスン(お話し)をする事が出来たり、会員限定のネイティブの先生によるイベントが年間1500回以上もあるので、活きた英語が身につくようになると思います。このようにインプットとアウトプットの両方が出来る事からディズニー教材教室+教材の両者の役割を果たしてくれると思い購入に至りました。

まとめ

論語に『学んで厭わず』とあるように、知らない事が分かるという事はとても楽しい事で分かるが増えると遊びや勉強においても楽しさが倍増するものです。DWEはまさに自然と英語を無理なく学べ、理解をする事で益々英語に興味を持ってくれる!そんな仕掛けがあると思いました。

出典:s-media-cache-ak0.pinimg.com

「始めるのは早すぎる!」という事はありません。より早い時期から学習をし、知っている事が多くなると心が広くなり物事に対して様々な捉え方が出来るようになると言われています。日本語だけでなく脳が一番発達をしているこの時期から英語を始めお子様に広い知識を身につけさせてあげましょう!英語を学ぶ環境を作ってあげられるのは私達親の務めです☆

出典:world-family.co.jp

記:☆riko☆
グローバル教育PR記事